ホーム50代からの親子関係 ≫ 母親の介護認定の訪問調査を受けました

母親の介護認定の訪問調査を受けました


介護保険の訪問調査の内容をご存じですか?

今朝、私は母親の介護認定の訪問調査を受けました。

物腰の柔らかい、とても人柄の良さそうな訪問調査員の方でした。

内容についてご存じない方もいらっしゃると思うのでご紹介いたします。

意外と親切な訪問調査の内容とは


まるでテストでも受けるかのように思っていたのですが、意外と親切な応対内容でした。

介護認定の訪問調査に携わっている市役所の職員さんは、お年寄りに理解もあるし、愛情もある感じがします。

では、訪問調査の内容と流れをお話しします。



現在の体の状態の聞き取り

・体に痛みのあるところはあるか?不具合を感じているところはあるか?
・現在、病院に通っているか?
・視力、聴力に不自由は感じていないか?
・一人で家の中を不自由なく歩けるか?
・一人で買い物に行かれるか?
・手首は自由に動かせるか?
・尿意を感じてトイレに行くまでに漏らしたりすることはないか?

などなど



日常生活についての聞き取り

・毎朝の洗顔は一人でできるか?
・一人でお風呂に入り、一人で不自由なく洗髪や体を洗ったりできるか?
・一人でトイレに行けるか?
・食事は一日何食、食べているか?
・食事の準備は自分でできるか?
・ご飯は自分で炊いたりできるか?
・足や手の爪は自分で切れるか?
・物忘れがひどくて、一週間に一度は所在がわからなくなったものを探さなければいけないことがあるか?

などなど



現在の体の機能についてのテスト

・椅子に座った状態で片足ずつ足を伸ばして上げることはできますか?
・椅子に座った状態で両手を前ならえのように水平に伸ばすことはできますか?
・椅子に座った状態で両手を水平に横に広げることはできますか?
・椅子に座った状態で両手を真上に上げることはできますか?

・立ち上がった状態でどこかにつかまって、片足で立つことはできますか?
・どこにもつかまらずに10秒間、両足で立っていることはできますか?

などなど

体のテストについては、出来るか出来ないかをみるわけではなく、どの程度出来るかを見るテストでした。



最後にいつも寝ているベッドで寝返りをうつ時のやり方と、ベッドから起き上がる時の状態を実演して終わりました。

約1ヶ月後に介護保険書が届くので、届いたら先日代理申請してくれたケアマネージャーの方と、どこでサービスを受ければよいか相談してくださいとのことでした。

思ったより簡単に介護認定は下りるようです。



体に不自由を感じて、あまり外出して体を動かせなくなった親御さんには、施設に行ってみんなと一緒に運動をするのは、ボケ防止にも運動としてもいいのではないでしょうか?

デイケア施設でしたら、理学療法士の方もいらっしゃるので安心です。

最近、親御さんの運動不足が気になる方は、選択肢の一つとしてお考えください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル