ホーム自分を受け入れるために ≫ 自分の気分の波の周期を知って、自分と上手に付き合おう

自分の気分の波の周期を知って、自分と上手に付き合おう


あなたは自分の気分の波ってご存知ですか?

私はよくわかっていませんでした。

今日は私が始めた自分の気分の波を知る簡単な方法をご紹介します。

気分の波が沈んでいる時は、色々なことが出来なくなる


このブログの更新は何日ぶりでしょうか?

あんなに頻繁に更新していたのに、全然、書けなくなってしまったのです。



それはなぜか?



気分が落ち込んでしまったからです。

「あんなに書けていたのに全然書けなくなってしまった」

「・・・もうダメだ・・・」

そんな言葉を何度、心の中で呟いたことでしょうか?



もちろんブログ記事を書こうとパソコンには向かいました。

ところが、何も文章が思い浮かばないのです。

これは本当に困りました。

あんなにスラスラ文章が思い浮かんでいただけに、比較して苦しんだんですね。



そんな私の様子を見かねて、友人があるアドバイスをしてくれました。

「自分の気分の波を記録してみたら?」 

人によって気分の波の周期は違う


友人から見ると、私は元々、気分が沈んでいるのがデフォルトな状態だそうです。

落ち込んでいる時も、傍目から見ると、本人が思っているほど特別な状態ではないと言うのです。

だから、自分の気分の波を知るために記録をつけてみたら?と言ってくれたのです。



やり方は簡単。

カレンダーに気分の良い時は○、まあまあの時は△、気分が悪い時・落ち込んでいる時は×と印をつけるだけです。



今日でやり始めて4日目。

昨日までの三日間は、全部×でしたが、今日は朝起きた時にまあまあの気分の△だったので、こうしてブログを書き始めました。



書き始めると、今まで「もうダメだ・・・書けない」なんて言っていたのがウソのように思えます。

気分ってヤツはいい加減なものです。



あらたな気づきもあったんですよ。

今までは読者の方に役立つ記事を書こうと力み過ぎていたなぁと。

だから、日記記事風のお役立ち記事なら私自身にも負担なく書けるかなと思いついたのです。


気分の波が変わると、思いつくことまで変わるんですね。

自分の気分の波に逆らわない


自分の気分の波って、わかっているようでわかっていないもの。

落ち込んでいる波の時は、いつもなら出来ていたことも出来なくなり、気分が乗っている波の時は、努力しなくても色々なことが出来たり。

それが気分の波で起きているのだと知らなかったら、落ち込んでいる波の時に、過剰に努力して気分を上げようと努力しがちです。



どちらかというと人は、気分が乗っている状態で安定したいと思いがちですからね。

気分が上がらない自分を「もう自分はダメだ・・・」ともっと落ち込んだりもします。



でも、自分の気分の波が落ち込む周期に入っているとわかっていれば、ただ静かにやり過ごすこともできます。

落ち込んだ時にできる対応策も思いつきます。



今回の私のように日記記事風のお役立ち記事を書くとかですね。



こんなことに気付ける「自分の気分の波の記録をとる」ことは、気分の波に悩んでいる人には超オススメです。

これなら日記を書くのが面倒くさい人でも出来るのではないでしょうか?



ひょっとしたら、あなたも私と同じように落ち込んでいる状態がデフォルトなのかもしれません。

それならそれで、そんな自分を上手に使いこなしましょうよ。

一生付き合っていく自分なんですから。



今日は自分自身を深く知ることができる「自分の気分の波の記録をとるススメ」のご紹介でした。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル