ホームうつ ≫ 総合病院では外部の病院の紹介状がないと、他の科は受診できないそうです

総合病院では外部の病院の紹介状がないと、他の科は受診できないそうです


昨日、精神科の診察を受けてきました。

その際に急激な体重減少のことを先生に話し、内科か胃腸科を紹介してくれるようにお願いしました。


ところが、私が受診している総合病院では、総合病院内で○○科を受診しているからといって、他の科を紹介することはできないとか。

一旦、外部の病院で診察を受けて、そちらの先生が必要と思えば総合病院への紹介状を書いてもらい、総合病院で受診という形になるそうです。



仕方ないので、5月に精神科で受診し始めた時に、検査した検査数値を印刷して、違う病院に行くことにしました。

改めてその数値を見ると、体重や身長は計測されていませんでした。

ですから、以前53kgあったことは確かなのですが、いつから42kgになったかは定かではありません。



私が実際に受診した病院は、以前、のどがヒリヒリした時に診察を受けた病院です。

先生に体重が激減していることを告げ、総合病院での検査数値を見てもらいました。

「うーーん、数値的には問題なく健康ですね。今、受診されている精神科の先生は、精神的なことと関係あるとは言われませんでしたか?」

「そんなことは言われなかったです」



「じゃあ、以前、検査した時に膵臓の数値が高かったから、今回は膵臓のCTを撮りましょうか?それで何もなかったら安心だから」

「お酒は飲む?タバコは吸う?」と聞かれ、両方やりますと答えたら、先生が言いました。

「じゃあ、肺のCTも撮っておきましょう。COPDの可能性もあるからね。」

※COPDというのは、以前、慢性気管支炎、肺気腫と呼ばれていた疾患です



というわけで、金曜日の午前中に膵臓と肺のCTを撮ることになりました。

とりあえず経過報告でした。



それにしても、健康を損なうとお金がかかります。

みなさんも健康にはお気を付けください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント

本当にお金がかかりますね‼︎

いつも楽しく?
拝見させて頂いております。
本当病気は、お金がかかりますね‼︎

私は、昨年末に適応障害を発症し、その後休職後、5月に退職して現在に至ります。
私の場合、睡眠時無呼吸症候群を持病としていたので、1ヶ月で5,000円ぐらいはかかっていたのでですが、今回の発病で、更に負担が多くなってまいります。
ただ、仕事を辞めたことにより、飲酒をすることが無くなり、体重が、10kg以上落ち、逆に健康体に近づいいるのか?
この病気は、健康に近付く為になったのか?と思ったりしています。
なんかまとまりが有りませんが、またコメントさせて頂きます。
ではまた(^O^)/

なおちゃん | 2015.09.16 12:02 | URL


コメントありがとうございます

なおちゃんさん、いつもブログをご覧いただき、本当にありがとうございます。

なおちゃんさんもいくつかご病気をお持ちのようで大変さをご察しいたします。
本当にお金がかかりますよね~。

ですが、人生塞翁が馬と申しますし、そのまま仕事を続けていれば、飲酒も含めて健康を害していたかもしれませんから、今回のご病気は幸いかもしれませんよ。

お互い良きも悪きもこだわらず人生の流れに任せて生きていきましょう。

また、いつでも気楽にコメントしてください。お待ちしています。
ありがとうございました(^^)/

アラビン | 2015.09.16 14:24 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル