ホームスーパー バイト ≫ バイトを辞めたいのに、人がいないから引き止められています

バイトを辞めたいのに、人がいないから引き止められています


バイトを退職したくても、代わりの人がいないことを理由に引き止められることは、よくありますよね。

今回の私の場合もそうでした。

「次の人が見つかるまで1ヶ月、いや1ヶ月半待って!」と言われました。

そう言われると、今までお世話になっているし、迷惑がかかるからと退職を踏みとどまってしまいがちです。

実際、法的にはどうなのでしょうか?


民法第627条によりますと、雇用の解約の申し入れについては以下のように書かれています。

第627条
1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

2.期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

3.六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。



いずれの雇用形態にしても、雇用契約解約の申し入れの期日が定められているだけで、雇用契約解約拒否できる理由は定められていません。

「人がいないから人が見つかるまで」というのは、雇用契約解約の申し入れを拒否できる理由にはならないようです。



また、今回、私が退職したい理由は、腰痛や膝痛が強くなったからというやむを得ない理由があります。

民法628条ではやむを得ない事由による契約の解除についてこう書かれています。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。




あなたも辞めたい時は堂々と辞めましょう。

理由は問われないのですから。

やむを得ない事情がある時は、尚更です。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル