ホームうつ ≫ NHK・フェイス「働きたい働けない~精神障害者雇用急増のカゲで~」を観て思ったこと

NHK・フェイス「働きたい働けない~精神障害者雇用急増のカゲで~」を観て思ったこと


先日のNHKで放送されたフェイスをご覧になったでしょうか?

番組に登場された精神障害者の方(Aさん)は、病気を抱えているありのままの自分で働きたいと思い、精神障害者枠の求人に申し込みました。

企業にもその旨を伝え理解されていたものの、与えられた仕事以上の成果をあげるAさんに、上司はもっとやり甲斐を持って仕事が出来るようにと難易度の高い仕事を任せます。

仕事の難易度が上がることによって、Aさんは体調が悪くなりつつあったものの、一人の社会人として認められたいという思いから、無理をして仕事を続けてしまいます。

その結果、精神的な病が悪化して仕事を辞めざるを得なくなったのです。

過去の経緯を振り返った時に、「一人の社会人として認められたかったから・・・・」と、無理をした原因をお話しされていました。



予告編を観ただけですと、精神障害者として扱われることに苦痛を感じて退職したように想像していましたが、そうではありませんでした。

仕事が出来るが故に無理をして企業が求める仕事量をこなそうとする精神障害者の方々。

そこには精神障害者、健常者に関係なく、人に認められたいという思いに苦しんでいる人の姿がありました。



私には企業に求められる成果を出せる程の能力がないので、無理をして成果を上げようとすら思いません。

もし私に番組に登場されたAさんのように能力があれば、きっと同じように無理をして成果を上げようとしていたと思います。



あなたはいかがですか?

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント

頑張り方

アラビンさん、こんにちは。

当時の自分は、Aさんのように、人に認められたい。自分の居場所を確保したい。
と思い、会社が求める以上のことをやり続けました・・・
やればやるほど、仕事量が増えていき、気が付くと、気力の低下、思考の停止、不安感、焦燥感、感情のコントロール不能、睡眠障害などの症状が出て、心のゆとりがなくなりました。
病名は、「うつ病」です。その後、休職⇒復職⇒入院⇒退職という流れで現在に至ります。

今考えると、何故そこまで追い込まれるまで頑張っていたのか・・・
強迫観念みたいなものを感じ、何かにずっと怯えていたように感じます。
多分、それが人からどう思われているのか?仕事に対して責任を果たしているのか?
自分の存在意義を満たしているのか?自分の居場所はちゃんとあるのか?という事だったのだと思います。
頑張り方を間違えた・・・のではないかと思っています。

ポチ☆

SAKURA FUBUKI | 2015.12.12 17:01 | URL


Re: 頑張り方

SAKURA FUBUKI さん、コメントありがとうございます。

コメントを拝見してSAKURA FUBUKI さんの苦しみが手に取るようにわかり、とても共感しました。

私も真面目な性格なので、人から何か言われたわけでもないのに、自分を追い込んでしまうことがよくあります。
真面目であればあるほど、気苦労が多いようですね。

次回の記事は、真面目な人ほど陥りやすい思い込みについて書きますので、よろしければ読んでみて下さい。
また気軽に何でも書き込んでくださいね。ではでは (^^)/



アラビン | 2015.12.12 18:44 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル