ホームスポンサー広告 ≫ 思い込みを解放する~嘘をついてはいけないのはなぜ?ホームうつ ≫ 思い込みを解放する~嘘をついてはいけないのはなぜ?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります

思い込みを解放する~嘘をついてはいけないのはなぜ?


多くの人が疑いなく信じている常識の一つに「嘘をついてはいけない」というのがあります。

私がこの思い込みを書きなおしてみると、意外な言葉になりました。

みなさんの参考になると思いますので、今日はその意外な言葉が出てくるまでのプロセスをご紹介します。

嘘をつくとどうなるか考えてみる


まず思い込みを解放するためには、自分がどうしたいか?という文章に書き直してみるんでしたよね?

私は早速 嘘をついてはいけない という文章を、自分がどうしたいか?という文章に書きなおしてみました。

嘘をついてはいけない ⇒ 嘘をつきたくない

この文章だと、まだ自分の気持ちに近い感じがしませんでした。



そこで、何を恐れて嘘をついてはいけないという文章ができあがったのかを考えてみました。

例えば、待ち合わせをする時、5時に行けないのに、5時に行けるとウソをついたら、どうなるでしょう?

相手は待ちぼうけをくらうことになり、とても困ります。

待ち合わせだけに限らず、そんなことが多岐にわたって続くと、相手はあなたのことを信用できなくなり、人間関係が壊れてしまいます。



嘘にまつわる○○してはいけないという文章には、嘘も方便という文章があります。

時と場合によっては、嘘もうまくつかなければいけないというわけです。

何でもバカ正直に相手に伝えていたら、相手が傷ついたり、状況が悪化します。

結果として人間関係が壊れてしまうのです。



二つの状況を比べて、私は気付きました。

嘘をついてはいけないという教えも、時と場合によっては嘘をつかなければいけないという教えも、二つとも人間関係を壊したくない気持ちの表れだと。

そこまで考え至ると、ようやく自分の気持ちに近い文章が浮かんできました。




嘘をついてはいけない ⇒ 人間関係を良好にしたい




私はその文章が出て来た時、とてもスッキリしました。

人間関係を良好にしたいという気持ちさえはっきりしていれば、何も迷うことはないからです。


教えられたことを検証してみる時の注意点とは


○○してはいけないという文章を、自分がどうしたいか?という文章に書き直す時には、少し注意が必要です。

今回の「嘘をついてはいけない」という文章のように、単純に「嘘をつきたくない」という文章に書きなおしても、自分の気持ちに近くはならないからです。



自分がどうしたいか?という文章に書きなおした後で、まだ自分の気持ちに近くないと思った時は、してはいけないと禁じていることをやったらどうなるか?を想像してみてください。

すると、自分がどうしたいか?が見えてくるかもしれません。



そんな感じで楽しみながら思い込みを検証してみてください。

肩の力を抜いて楽しみながらやることが成功の秘訣です。(^o^)b

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。