ホームベーシックインカム ≫ ベーシックインカムって社会主義じゃないの?

ベーシックインカムって社会主義じゃないの?


ベーシックインカム(BI)って社会主義じゃないの?と質問を頂きました。

国民全員に支給されることから、そうイメージされたのだと思いますが、ベーシックインカム(BI)は社会主義ではありません。

一体、何が違うのでしょうか?

社会主義とベーシックインカムとの違い


社会主義とベーシックインカムの違いを説明するわかりやすい文章を見つけました。

わかりやすい文章なので、少し長いですが、そのまま引用させて頂きます。

社会主義国と同じになりませんか?

みなが食えるようにすることだけは同じですが、あとは全然違います。
ベーシック・インカムは、経済活動の自由にまったく干渉しません。
ベーシック・インカムは個人の自由にも干渉しません。
そこが、社会主義国とはまったく違います。


社会主義国は経済にむちゃくちゃ干渉します。
干渉なんてものじゃなくて、国が経済を運営してます。
社会主義国は完全雇用をして、その労働で賃金を渡して人々の生活を確保しようとしました。


それで、社会主義国では採算がとれていない企業も潰れません。
ほんとうは潰れているような企業でも、ちゃんと給料を出します。
国が面倒みてくれるからいいんです。
生産は数さえ合っていればいい。


使い物にならないものを作っても、平気の平左。
働くほうは、時間だけ働いていればいい。
なまじっかやる気を出すと、官僚支配にぶつかる。
だから、みんなでチンタラ無責任をやった。
けっきょくそれで、国全体が潰れちゃったんです。


社会主義国は、労働そのものに価値があるとしています。
だから、作ったものはみんな価値があることになった。
そんなことはない、労働というのは人の営みそのものでして、賢いことも愚かなこともするものです。


ベーシック・インカムの場合は、労働に対して払うのではありません。
人の生存そのものに対して払います。
企業に試行錯誤はつきもの。
効率重視でけっこう、儲けてもけっこう、潰れてもけっこう。
しかし、人は助ける。
何があろうと人が路頭に迷うようなことにはぜったいにさせないぞ、というのがベーシック・インカムです。
効率の悪い企業、採算のとれない企業は自然に退場します。


社会主義国は、企業を国営にして絶対に潰れないようにすることで、誰もが食える社会を作ろうとした。
そうしたら、人まで助けられなくなってしまいました。

古山明男 講演録 「ベーシック・インカムのある社会」 より引用



なんとなくご理解頂けましたでしょうか?

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル