ホーム障害年金 ≫ 経済的理由で国民年金保険料を納付することが困難な場合は免除申請しよう

経済的理由で国民年金保険料を納付することが困難な場合は免除申請しよう


国民年金保険料は月額15000円程度ですが、経済的理由でその支払いが困難な場合、申請により免除されることをご存じですか?

私も友人から教えてもらうまでは知りませんでした。

障害年金は初診日の前日までに年金保険料を支払っていなければ受給できません。

そんなことにならないためにも経済的に苦しい時には、遠慮せずに使わせてもらいましょう。

国民年金保険料免除制度とは


保険料免除制度について日本年金機構のホームページには以下のように書かれています。

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。
免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類があります。

日本年金機構 保険料を納めることが、経済的に難しいとき より引用

ここで重要なのは、本人だけが基準を満たしていても、例えば世帯主である父や母が基準を満たしていなければ、免除申請は却下されるということです。

私の場合は私自身は基準を満たしているのですが、世帯主である親が基準を満たしていない可能性があるので、ちょっと難しいかもしれません。

うーーーーん、残念 (T_T)


国民年金保険料の免除条件とは


具体的に保険料免除の条件を見てみましょう。


全額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

4分の3免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

半額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

4分の1免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

若年者納付猶予制度
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

日本年金機構 保険料を納めることが、経済的に難しいとき より引用

あなたの場合はどうですか?

基準を満たすようなら、用紙をダウンロードして、住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ申請書を提出してみてください。

郵送も可能です。

申請用紙ダウンロードはこちらからどうぞ ⇒ 国民年金保険料免除・納付猶予申請書

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント

貧困

アラビンさん、こんばんは。

我が家は全額免除です。
非課税世帯にもなっています。
そういった勉強は奥さんが熱心にしています。
少しでも支出を減らし、援助が受けられるものは
全て受けています。これも全て奥さんのお陰です。

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。 ポチ☆

SAKURA FUBUKI | 2016.01.21 22:42 | URL


Re: 貧困

SAKURA FUBUKIさん、こんばんは。

奥さんが堅実な人で良かったですね。

私は結構、大雑把な人なので勉強するのが大変です(笑)
そうは言ってもお金に限りがあるので
締めるところは締めていこうと思います。

アラビン | 2016.01.22 01:35 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル