ホーム自分を受け入れるために ≫ 林修先生に学ぶ自分を変える習慣とは?

林修先生に学ぶ自分を変える習慣とは?


『いつやるの?』 『今、でしょう!』 の林修先生は、週刊漫画誌を毎日買って読むのが習慣になっていました。

それはそれで、楽しかったのですが、週刊漫画誌を読んでいる時間は、他に読みたい本が読めないので、あの本を読みたいなぁと思いながら、今までの習慣で週刊漫画誌を買って読んでいました。

ある日、林修先生はこの習慣を変えたいと思って、新たな習慣を始めました。

何をしたと思いますか?

それは、週刊漫画誌を買うことはそのまま続けて、その時に、読みたいと思った本をノートに書くことにしたのです。すると、週刊漫画誌を購入する度に、ノートに読みたい本の名前がどんどん増えていきます。

その本の名前がノートいっぱいになった時、『週刊漫画誌よりこっちの本を読みたいな』 と自然な欲求が出てきたそうです。そうしたら、自然と週刊漫画誌を買って読むことがなくなったそうです。

一体、林先生に何が起きたのでしょうか?
普通だったら、変えたい習慣があれば、それを我慢するか、違うことを考えてその習慣に気持ちが向かないようにするという方法で、習慣を変えようとします。

これは抑圧とか、誤魔化しと言われる内面の行為ですが、この方法で変えたい習慣が変わらないことは、多くの人が経験されていると思います。

一方、林修先生がやったことは、抑圧でも誤魔化しでもなく、変えたい習慣を受け入れるという行為です。

変えたい習慣はもう変わらないものとして受け入れて、新たな習慣が生まれてくる方にエネルギーを使ったのです。そして、新たな習慣の方がいいなぁという欲求が自然に生まれてきた瞬間に、自然と変えたい習慣に注がれていたエネルギーもなくなり、消滅したというわけです。

もし、みなさんにも変えたい習慣があるなら、その習慣を変えようとするのではなく、その習慣は自由にさせてあげてみてください。その上で今、自分に出来る新たな習慣を作る。

例えば、私がそうなのですが、働きたくないという気持ちがある。それを無理矢理、元気いっぱい働きたいという気持ちになろうとするのではなくて、働きたくない気持ちのままで働ける職場と時間を探して働く。

すると、今まで元気に意欲満々に働こうとしていた時には、こうして記事を書くなんて、しんどくて無理だったのが、ラクラク書けるようになりました。

肉体の健康にまつわる習慣でも、精神的な健康にまつわる習慣でも、経済的なことに関する習慣でも、全部一緒だと思いますので、気が向いたら試してみてください。

変えたい習慣は起きるままに自由にさせてあげて、新たな習慣を作って、そちらに意識を向ける

それはいつから始めたらいいでしょう?

今でしょう!!

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル