ホームセドナメソッド ≫ ネガティブな感情を手放す(1)未来に不安を感じた時の対処法

ネガティブな感情を手放す(1)未来に不安を感じた時の対処法


未来を思い、訳もなく不安を感じる時はありませんか?

今日の私がそうでした。

今日は未来を思い不安になった時の対処法をご紹介します。

恐れの原因


今日は何に不安を感じたかと言いますと、体調についてでした。

私は腰痛がひどいものですから、このままでは腰痛がひどくなり仕事も出来なくなるんじゃないか?という想像をしたのです。

仕事が出来なくなるということは、すなわち収入が途絶えるということです。

これは私にとって、とても怖いことです。

皆さんもそんな風な想像をして怖くなることはありませんか?



実際に仕事が出来なくなるかどうかは別として、未来を想像して、今、恐れているのはエネルギーのムダです。

この感情はなんとかしなければいけません。

こんな時に役立つのが『セドナメソッド』です。


セドナメソッドのやり方



セドナメソッドは感情を解放するために4つの質問を使い、それに自分自身で答えていきます。

まず自分が今、感じている感情を確認します。

そして質問です。



1.その感情を認めることはできますか?

2.その感情を手放せますか?

3.手放しますか?

4.いつ?




質問に対して「はい」か「いいえ」で答えます。(4番目の質問の答えだけは今とか明日とかになります)

誤解しやすいのは、この質問にパワーがあるのではないか?という思い込みです。

私がそうだったのですが、そのように思うと、まるで呪文のように、その質問を自分自身にして答えるという作業を繰り返すことになります。



でも、実際にパワーがあるのは、自分の気持ちに向き合いきちんと感情を感じるという作業です。

ですから、質問は本に書かれている通りでなくても構いません。

もちろん答えも「はい」でも「いいえ」でも構わないのです。



ただし向き合うと言っても、感情と対決するのではありません。

多くの方が誤解するのは、ネガティブな感情を敵のように認識してしまうことです。

そうではなくて、どんな感情も喜んで迎え入れ、感じきることが大切です。




多くの人はご自分の感情に向き合うことをためらいます。

ただじっと感情を感じることが怖いのです。

そこで、セドナメソッドでは感情に向き合いやすいように、4つの質問を自分にします。

質問をすると自然と感情に向き合うことができるからです。



セドナメソッドの効果


今回、私は未来への怖さに焦点をあててみました。

色んなことに怖さを感じるビビリなので、実際にセドナメソッドをやる時には、特に未来への怖さという風に絞らずに、怖さ全般についてセドナメソッドをやってみました。

セドナメソッドを20分くらいやったでしょうか?

将来、腰痛で仕事が出来なくなった時のことを想像しても怖さがなくなりました。

今は腰痛で仕事が出来なくなった時には、家族や市区町村役場の方とお話しして具体的に行動を決めようと、前向きな発想ができるようになりました。



セドナメソッドは感情に焦点を当てて、解放する方法ですが、こんなにも簡単に怖さを手放すことができました。

感情は具体的に特定しなくても、セドナメソッドは出来ますから、是非みなさんも気楽にやってみてくださいね。

詳しいやり方はこちらの本をご覧ください。
    ↓↓↓↓↓

新版 人生を変える一番シンプルな方法―セドナメソッド


Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル