ホーム50代からの健康法 ≫ 性格は「腸内細菌」によって決まる~腸内細菌を整えてポジティブな性格になろう!!

性格は「腸内細菌」によって決まる~腸内細菌を整えてポジティブな性格になろう!!


性格は「腸内細菌」によって決まるというマウスによる実験結果が発表されたことをご存じですか?

腸が元気だと身体の調子が良いことはみなさんご存じでしょうが、腸内細菌によって性格が決まるというのは驚きの実験結果です。

あなたの性格も腸内細菌の状態が反映されたものかもしれません。

腸内細菌が精神状態を作りだす


神経科学と解剖学を専門とするユニヴァーシティ・カレッジ・コークのジョン・F・クライアン教授によると、腸内細菌の状況と脳内で起きる現象の間には、相関関係があることが、最近、行われた研究から明らかになりつつあるようです。

クライアン教授は次のように説明しています。
「ある種の腸内細菌は、精神状態によい影響を及ぼす可能性があります。ストレスに対して体が適切な反応をとるために、そうした細菌が必要なのです」

性格は「腸内細菌」によって決まる:研究結果より引用

そうした細菌を動物に投与してみたところ、投与された動物は落ち着きが増し、リラックスして、脳内にも広範囲にわたって変化が見られたそうです。

こうした影響を与える細菌は、「サイコ・バイオティクス」と呼ばれ、そういう影響を与えない細菌と区別されます。

腸内細菌を投与したマウスと投与されなかったマウスの精神状態の違いとは


クライアン教授によると、腸内細菌をまったく持たないように育てられたマウスは、非社会的な行動を取ることが多くなり、他のマウスと過ごす時間が少なくなるとのこと。

それは糞を別の個体に移植して、腸内細菌を移植する「糞便移植」でも、同様の結果が見られるそうで、不安傾向の強いマウスに大胆な傾向のマウスの糞を移植すると、移植されたマウスはより社交的な行動を取るようになったそうです。

本人独特の行動形態を性格とするならば、腸内細菌によって性格が決まるとも言えそうです。

人間においても、「不安」・「うつ病」・「気分障害」の治療に「サイコ・バイオティクス」が関係あることが解明されつつあります。


腸内環境を整えるために乳酸菌飲料を飲んでみよう


そこまでわかってくると、腸も大切にしたいものですよね。

私もさすがにいきなり糞便移植はできませんので、一昨日より腸内環境を整える乳酸飲料を飲み始めました。

これでネガティブな性格がポジティブに変われば、腸内細菌がネガティブな性格の原因だったと証明できます。

それより先に毎日、快便になることが先決ですね。



ちなみに飲み始めたのは、カゴメの乳酸菌飲料「ラブレ」です。

とりあえずプレーンのものと鉄分が含まれるものを3本づつ購入しました。

飲んでみると味も甘くなく飲みやすかったです。

カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ3P 12パック

新品価格
¥1,794から
(2016/3/16 20:11時点)




カゴメ 植物性乳酸菌ラブレLight 1日分の鉄分 80ml×3P 12パック

新品価格
¥1,794から
(2016/3/16 20:11時点)


Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル