ホーム50代からの節約術 ≫ 母親のソフトバンク携帯を新規契約したら月々の支払い料金が3000円安くなりました

母親のソフトバンク携帯を新規契約したら月々の支払い料金が3000円安くなりました


友人がソフトバンクのスマート値引きの契約をしたら、月々の支払い料金が500円ばかり安くなったというので、私もソフトバンクショップに行ってみました。

そのついでに、母親の携帯契約を見直したら、なんと!! 月々の支払いが3000円も安くなりました!!

年間36000円 ですから、大きいですよね。

ソフトバンク契約当時は必要と思ったサービスも、年老いてくると必要なくなったサービスもありますし、見直すことは必要ですね。

ただ安くするにあたって、少しコツがありましたので、皆さんにご紹介します。( みなさんはすでにご存じかも??ご存じの方はスルーしてください )
母親は視力が衰えていることもあり、メールは一切打ちません。音声通話のみでの使用ですし、ネットも一切しません。

にもかかわらず、メールサービスに加入していたり、ネット接続サービスに加入していたので、それらのサービスを一切カットしました。

母親は迷惑メールに困っていたので、メールサービスをカットすることで、迷惑メールは一切来なくなります。メールサービスをカットすれば、他社携帯に 『おやすみ』 『おはよう』 『元気だよ』 なんていう一言メールも打てなくなりますが、そういうこともしないので、問題ありません。

すると、月々の支払いが4300円ぐらい支払っていたのが、1400円ぐらいになりました。


ただ、月々の支払いが安くなると言っても、契約プランは新規契約を締結するか、機種変更をした時にしか契約プランの変更は出来ないのです。

そこで、ソフトバンクの使いやすい簡単携帯に機種変更することにしました。

ところが、機種変更だと機種代金を月々2000円支払うことになるので、契約プラン料金そのものは安くなっても、支払料金全体としては安くならないですと言われたのです。


えーーーーっ!!


と思っていたら、新規契約を結べば機種代金が無料になりますとのこと。



ああ、良かった。じゃあ、早速、契約をと、母親に契約を促すと、ソフトバンクショップの店員さんから一言。

『 免許書はお持ちでしょうか?免許書をお持ちでない場合、市役所で住民票を発行して頂いてお持ち頂かなければ、新規契約はできないのです 』

こんなことになるとは思いもよらず、母親は国民健康保険書しか持ち合わせがなかったのですが、すかさず店員さんがそういう場合の次善策を教えてくれました。

『 今回のように使用者ご本人が契約できない場合、一人5台まで携帯を持つことが出来ますので、息子様(私のこと)が契約者となって契約を結び、お母様が使用するということもできます。 』

じゃあ、それでってことで、私が契約者となり、母親の携帯の新規契約の手続きをすることが出来ました。



新規契約をする時に、店員さんが色々説明してくれた中で、印象的だったのは、母親が購入した簡単携帯は、新規契約すれば3400円ですが、機種変更だと毎月2000円の支払いが2年間も続きますから、48000円になります。

この差額だけでも驚きなのですが、この新規契約の場合の機種料金3400円も、支払いが口座引き落としだと必要なのですが、カード払いだと無料になるのです。

当然、カード払いにしました。

事務手数料3400円ぐらいは、カード払いであろうと、口座引き落としであろうと、一律に請求されます。

ということで、来月は前機種の携帯料金と、新機種の携帯料金と事務手数料がかかるので、いつもより多めの支払いになりますが、再来月からは1400円の支払いになります。


ということで

本日の節約のためのまとめ



1.携帯やスマホのサービス内容は時々見直して、使っていないサービスはカットすべし

2.一人5台まで契約することが出来るので、時と場合によっては、新規契約した方が断然安くなる

3.新規契約した場合の機種料金も、口座引き落としにすると有料だが、カード払いにすると無料になるので、カードを持っている場合はカード払いにすべし


ご存じなかった方は、ご参考にしてください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル