ホームうつ ≫ 普段の言葉使いでうつになりやすさがわかる~言葉使いを変えてうつを防ごう

普段の言葉使いでうつになりやすさがわかる~言葉使いを変えてうつを防ごう


普段の言葉使いでうつ病になりやすさがわかるということをご存じですか?

今日はある研究結果から見つかった言葉使いでわかるうつ病のなりやすさをご紹介します。

「私は」「私自身は」を多用する人はうつ病になりやすい


ドイツ、カッセル大学のヨハネス・ツィンマーマン博士は、うつ病や不安症になり医者にかかっている男性15名、女性103名を対象に、ある実験をしました。

その実験とは彼らに過去や人間関係や自己認識について答えてもらうというものです。

その結果、普段の会話で「私は」や「私自身は」という一人称単数形をよく使う人は、総じてうつになりやすく、まわりとの関係をうまく築けない人が多いことがわかりました。

そういう人は一人で過ごすのが苦手で、人にかまってもらいたがる傾向があり、自分の存在を過度に誇示するそうです。

それに対して「私たちは」という一人称複数形をよく使う人は、良好な人間関係を築きやすく、まわりとうまくやっていける人が多いそうです。


「私は」「私自身は」を多用している人が、人間関係が悪くなる理由とは


どうしてそうなるのでしょう?

前出のヨハネス・ツィンマーマン博士の見解によると

一人称単数形は、自己と他者をはっきりと区別して、自分が確固たる存在であることを示し、一人称複数形は、自己が社会やグループの一部であることを表すので、その違いなのではないかということだそうです。

「私は」、「自分は」一人称をよく使う人ほどウツになりやすい傾向(ドイツ研究) より引用

これってよくわからない説明ですよね。

わかりやすく説明すると、自己と他者の境界がはっきりして、自分のことしか興味がなくなってしまうということです。



自分がうまくいくにはどうしたらいいだろうか?

自分が成功するにはどうしたらいいだろうか?

他者の気持ちや都合を思いやれない人が人間関係がうまくいくはずがありません。



それに対して「私たち」と多用する人は、いつも考える時に社会やグループの一員としての自分を考えます。

私たちがうまくいくにはどうしたらいいだろうか?

私たちが成功するにはどうしたらいいだろうか?

他者の気持ちや都合を思いやる人が人間関係が良好になるのは当然です。


言葉使いを変えてうつを防ごう


言葉使いを変えたら、生き方が変わるというわけではありませんが、言葉使いに生き方が現れるというのは、事実です。

もし、あなたが普段話す会話の中で「私は」や「私自身は」という一人称単数形をよく使っているようだったら、自己中心的になっているサインです。

すこし自分から目を放って、他者のことも見るようにしましょう。



『今、私は何をすればこの状況やこの人に役立つことができるだろうか?』



そんな質問をことあるごとに繰り返していれば、たとえ今、「私は」「私自身は」という言葉を多用している人でも、いつの間にか自然と「私たちは」という言葉を口にするようになっているはずです。

それは、自己と他者の境界が薄らいでくるからです。

人間関係に悩んでいる人やうつ症状に悩んでる人は、実践してみてはいかがでしょうか?

私も自分のことにしか興味がない傾向があるので、これからは事あるごとに、この質問を自分にしてみることにします。



今回の元記事はこちらです ⇒ 「私は」、「自分は」一人称をよく使う人ほどウツになりやすい傾向(ドイツ研究)

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル