ホーム障害年金 ≫ 障害年金を申請してみよう!障害年金申請から受給までの流れとは

障害年金を申請してみよう!障害年金申請から受給までの流れとは


障害年金を受給できそうだと思われた方は、申請の手続きについても知っておいた方が便利です。

ここでは障害年金申請から受給までのおおまかな流れについてご説明します。


障害年金申請から受給までの主な流れ




1.初診日の確認


障害年金の手続きを行うためには、最初に受診した具体的な病院名、具体的な受診年月日を確認する必要があります。

初診日のことを思い出してみましょう。

初診日の病院名を思い出したら、病院に電話をして当時のカルテがあるかどうか確認します。

初診日がわかる場合は、メモしておきましょう。



当時のカルテが残っている場合は、のちほど病院に出向いて初診の証明書(受診状況等証明書)の作成を依頼します。

当時のカルテが残っていない場合は、のちほど自分で「受診状況等証明書が添付できない申立書」を記入します。




2.役所に出向いて必要な書類を揃える


初診日に国民年金に加入されていた人は、住所地の市区町村役場の国民年金課、もしくは年金事務所

初診日に厚生年金に加入されていた人は、当時勤めていた事業所を管轄する年金事務所

に出向いて、障害年金の申請が可能であるか?相談をしましょう。



相談をする時には、年金手帳などのご自身の基礎年金番号がわかるもの、初診日や通院歴をまとめたメモなどを持参すると、話がスムーズに進みます。

障害年金の申請が可能であると確認が取れたら、必要な書類を受け取りましょう。



必要な書類は以下の通りです。

・年金請求書

・診断書

・受診状況等証明書
(初診時の医療機関と診断書を作成した医療機関が異なる場合、初診日の確認のための書類です)

・病歴・就労状況等申立書

・受診状況等証明書が添付できない申立書
(年月が経過してカルテが廃棄されているなどの理由で受診状況等証明書を書いてもらえない場合に、ご自分で書く書類です)




3.医療機関へ診断書の記載依頼


4.病歴・就労状況等申立書の作成(ご自分で記入します)


5.添付資料を揃える

  戸籍謄本、受け取り先金融機関の通帳等(写しも可)、印鑑(認印可)


6.年金請求書を作成して役所に提出する

  役所に提出する前には、すべての書類をコピーしておきましょう。

  更新時に確認することがあるからです。


7.年金受給決定通知書等が送付されます

  年金受給が決定されると、国民年金機構から、年金証書と年金決定通知書が郵送されます。

  障害年金が支給される場合は、支給決定通知書が届き、支給されない場合は、不支給決定通知書が届きます。


8.障害年金の受給がスタートします


Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル