ホーム生活保護 ≫ 生活保護は働いていても、持ち家があっても、車を所有していても受けられる。生活保護の条件とは?

生活保護は働いていても、持ち家があっても、車を所有していても受けられる。生活保護の条件とは?


生活保護は、働いていても、持ち家があっても、車を所有していても申請できる制度ということをご存じですか?

これはあまり知られていないことかもしれません。

今日は、生活保護の申請条件についてお話しします。

生活保護の認可条件とは


生活保護って、家も家財道具も車も持てないというイメージがありませんか?

ところが、そんなことはないようです。



働いているにもかかわらず給与だけでは生活が苦しい人や、なんらかの理由で働けないけど持ち家がある人や、自営業で商品の配達とかで車なくしては仕事ができない人でも申請できるみたいです。

ただ、持ち家があってもというのは、どんな場合でもというわけではなくて、売却しても売れないような資産価値がない場合です。

資産価値があると思われる場合は、売却を促されるそうです。

車の所有についても交通インフラが整備されていない田舎で生活していて、車なしでは生活が成り立たない場合や、上記のように仕事に欠かせないという場合に限ってということのようです。

ですが、意外と人間の尊厳を保障してくれている制度なのだと思いました。



ですから、本当に困った時には、一人で解決しようとせずに、生活保護制度に助けてもらいましょう。

私もどうしようもなくなった時には、お願いしようと思いました。



この生活保護の条件は、日本弁護士連合会(日弁連)が作った 『~実は少ししんどいあなたへ~あなたも使える生活保護』 のパンフレットから引用させて頂きました。

日弁連の弁護士の方々が、実は少ししんどいあなたへ とサブタイトルをつけて生活保護申請のパンフレットを作るくらいです。

弁護士さんへの相談の中で、こんな苦しい状況になる前に、助けを求めたら助けてもらえる制度がちゃんとあるのに・・・・という事例が沢山あるのでしょう。



このパンフレットによりますと、受給資格のある世帯のうち約80%の世帯は、生活保護を利用していないそうです。

一方、ヨーロッパでは、60~90%の人が生活保護を利用しているそうです。

ハリーポッターの作者も、生活保護を受けながら、カフェでハリーポッターの原作を書きあげたのは有名な話です。



また、何かと生活保護の不正受給が取り沙汰されますが、不正受給者は全体の0.53%にしか過ぎないそうです。

生活保護の実情
あなたも使える生活保護(PDF)より転載



では、具体的にどんな条件であれば、生活保護の申請ができるのでしょうか?それについても、詳しく書かれています。

生活保護条件
あなたも使える生活保護(PDF)より転載


私は生活保護というのは、自立するか?生活保護を受けるか?ぐらいの切羽詰まった選択のように思っていました。

ですが、少なくとも制度的には、生活が行き詰まっている人の自立を助けるべく制定された優しさを感じます。

働いていても、年金を受給していても、手にする金額が最低生活費に満たなければ、生活保護費で補填してもらえるなんて、なんて有難い制度でしょう。

私も受給資格があるかも?と思われた方も多いのではないでしょうか?

生活保護の支給額は



例として世帯人数による生活保護の支給額も出されています。

生活保護受給条件


生活保護について相談してみたいと思われた方は、『~実は少ししんどいあなたへ~あなたも使える生活保護』(PDF)に困ったときの相談先や具体的な申請方法が紹介されていますので、一度ご連絡されてみてはいかがでしょうか?

申請窓口では必ずしも正しい対応がされず、申請の受付拒否や嘘の説明をして追い返すなどのケースもあるようです。

苦しい時は助けてもらいましょう。制度は優しい制度なのですから。まずはこちらをご覧ください。
    ↓↓↓↓↓↓↓
~実は少ししんどいあなたへ~あなたも使える生活保護』(PDF)

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル