ホームスポンサー広告 ≫ 過食の原因は低血糖症だった!!あなたの過食も治るオーソモレキュラー療法ホームオーソモレキュラー療法 ≫ 過食の原因は低血糖症だった!!あなたの過食も治るオーソモレキュラー療法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります

過食の原因は低血糖症だった!!あなたの過食も治るオーソモレキュラー療法


過食で悩んでいらっしゃる方は多いですね。

男性よりもダントツで女性の方が多いですが、男性でも過食症で悩んでいる人はいらっしゃいます。

実は私も過食症だったのです。

ところが、オーソモレキュラー療法(栄養療法)を始めてから、食べずにいられないという異常な食欲がなくなり、無理に食べなくてもいられるようになりました。

これって過食症の方なら誰でも憧れる状態です。

何をやっても止まらなかった私の過食が止まったのですから、あなただってきっと過食が止まると思います。

過食の原因は栄養不足と低血糖症だった!?



糖質を食べすぎると食欲が増してさらに食べたくなることをご存知ですか?

糖質というのは甘いものだけではなく、ご飯やパンやカップラーメンやパスタなどの炭水化物もそうです。

それらの糖質を摂取すると、体内で糖質はブドウ糖に分解され血糖値が上昇します。

血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌され、血糖値は低下しますが、その時に体は空腹感を感じるものですから、その空腹感に従って食物を食べてしまいます。



手っ取り早く食べたいときは、おにぎりやパンやスナック菓子など糖質いっぱいのものを食べたいもの。

過剰に摂取された糖質は、体内でブドウ糖に分解され、また血糖値が急上昇します。

急上昇した血糖値はすい臓から分泌されたインスリンによって下げられますが、この時の下げ幅が大きいほど空腹感も大きくなるのです。

そのためさらに糖質いっぱいのパンやカップ麺やスナック菓子を食べることになります。

つまり糖質いっぱいの食べ物を食べて空腹感を満たそうとしている限り、空腹感は永遠に満たされないということです。



この事実を私は知りませんでした。

だから、私は糖質いっぱいの食べ物を食べながら、私は意志が弱いから食べ続けてしまうんだと、自分を責めていました。



オーソモレキュラー療法(栄養療法)を始めて、糖質制限を始めました。

糖質を一切、摂らなくなったのです。

タンパク質中心の食事にして、食物繊維を摂ることを心がけました。

今まで糖質の摂取に傾いていましたから、体内の栄養状態も良くありません。

足りない栄養素をサプリメントで補給するようになりました。



オーソモレキュラー療法(栄養療法)を始めて3ヶ月が経過。

つい何日か前、食パンを2枚食べてみたんですよ。

以前だったら、さらに食べたくなっていたところなんですが、食べながら「もういいかな・・・・」と冷めた感じでした。



すっごく感動しました!!

過食で悩んでいる方ならわかりますよね?

これは絶対にオーソモレキュラー療法(栄養療法)が効いていると思いましたよ。



過食で悩んでいらっしゃる方はぜひオーソモレキュラー療法(栄養療法)をやってみてください。

きっと私のように長年の過食が嘘のように止まると思います。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。