ホームセドナメソッド ≫ セドナメソッドが効かないのはなぜ?

セドナメソッドが効かないのはなぜ?


セドナメソッドが効かないという検索ワードをよく目にします。

私も効かない一人です。

どうしてセドナメソッドで効果がある人と効果がない人がいるのでしょう?



昨日、カウンセラーとセドナメソッドについて話していました。

その中でクライアントさんによっては、すごくセドナメソッドが有効な人がいるという話になりました。

私の場合、どうしてセドナメソッドが効かないんだろう?と質問しました。



カウンセラーいわく「感情の抑圧が強いからだと思う」と言われました。

確かに私は「こう感じるべき」「こうすべき」という抑圧が強くて、自分の悩みに取り組み始めたときは、自分が何を感じているのかよくわからない状態でした。

あれから随分と月日が過ぎ、カウンセリングによって、自分の感情も少しずつ感じられるように。

それに伴いカウンセラーに誘導してもらうと、セドナメソッドが効く時もあるようになりました。



セドナメソッドが効かないという方は、まずは自分の感情を感じることから始められると良いかもしれません。

不安を感じやすいというのなら、不安を感じる時にどんな感じがするか感じてみましょう。

胸が締め付けられる感じとか、深い闇に落ちていく感じとか、どんな感じがしますか?

恐れずに感じてみましょう。



その時、何か思考が出ているなら、ノートに書いてみましょう。

「どうせ自分はダメなやつなんだ」とか「お前なんか死んでしまえ」とか、どんな思考が出ていますか?

普段は気付くことなく通り過ぎてしまう思考。

私たちは勝手に湧き出る思考を検証することなく信じ込んでしまう傾向があります。

その思考も書き出して感じてみましょう。



そうやって感情を感じていたら、そのうちセドナメソッドが効き始めるかもしれません。

試してみてください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル