ホーム50代からの歯の治療 ≫ インプラントを勧められたけれど失敗が怖い!ほかに治療法はないの?

インプラントを勧められたけれど失敗が怖い!ほかに治療法はないの?


先日、現在通院している歯科医院でブリッジにしている歯をインプラントにすることを提案されました。

インプラントって怖いのですが、他に治療法はないのでしょうか?

インプラントが提案されるまでの経緯


今回、インプラントを提案された歯は現在ブリッジにしている場所です。ブリッジですから歯根はありません。

どうしてブリッジにすることになったかというと、そもそもの原因は私の歯ぎしりが異常に強いからです。

どれくらい強いかというと前歯から奥歯まで強い歯ぎしりのせいで、接触面がすべて平になってしまったほど。

そのため左上奥から2番目の歯が根元から割れてしまいました。

当時通っていた歯科医には歯根を抜くしかありませんと言われ、抜いた後このままにしておくと前後の歯がぐらつくからブリッジにしましょうと言われたのです。



当時の私はその歯科医を信頼していましたから、自分で違う治療法を調べるということもしませんでした。

そんなものかと思い言われるままに歯根を抜いてブリッジにしました。

歯根を抜くと書けば一言で済みますが、抜くときはそれはもう大変な作業でした。

まるで抜けない釘を必死に抜こうとする大工さんのように、歯科医はゴリゴリガリガリ苦労していました。

麻酔は効いていましたが、あまりの力技に無茶苦茶やるなぁと思ったものです。



その時の処置に疑問を感じたため、その歯科医には行かなくなりました。

他の歯科医に行ってメンテナンスをしてもらえばよかったのですが、その一件以来歯医者に疑問を感じて足が遠ざかっていたのです。



それから数年が経ち、今回ブリッジを支えている1本前の奥歯の歯茎に水泡が出来て痛みを感じるようになりました。

それで知人に勧められた歯科医に診察に行ってレントゲン写真を撮ったら、現状がわかりました。

ブリッジを支えている前側の歯の歯槽骨が溶けて空洞になっているので細菌が溜まり、できた膿が出口を求めて歯茎に水泡となって現れていたのです。


歯科医師が指摘するインプラントの問題点


そこで歯科医から言われたのが、歯槽骨が溶けて空洞になっている歯は再生治療をして、ブリッジにしている場所はインプラントにしませんか?という提案です。

インプラントが35万円、再生治療が10万円、値段もさることながら、インプラントって上顎にボルトをねじ込むわけですから、そんなことして大丈夫なのか?という危機感がありました。

インプラントを勧められた時のショックは大きかったです⇒歯医者で勧められたインプラント、35万円は高すぎだろ!?

すぐには決断を迫られなかったので、家に帰ってネットで調べてみました。



その中で私の目にとまったある歯科のホームページがありました。

それが小西歯科医院です。

サイト説明文には「抜いた歯は生えてきません、削った歯は元にはもどりません。矯正やインプラントの失敗は悲惨です。過剰な介入は控えて下さい。」と書かれています。

そして、項目の一つとして「インプラントの問題点」というページを作っていました。

インプラントの効果や良さを謳うサイトが多かったので、「インプラントの問題点」を提唱している歯科医は新鮮でした。



読んでみるとやっぱりインプラントって怖いなぁと思いました。 ⇒ インプラントの問題点

そこには歯科医だからこそ知りえる情報が淡々と書かれていました。



小西歯科医院の素晴らしいところは、インプラントの問題点を指摘するだけでなく、それに代わる治療法を提唱していることです。

それがオーラルフィジオセラピー、患者さんが希望しなければ歯を抜かずに、過剰な介入を控え、“自然治癒力を生かすことを心がけた歯科治療です。

歯を抜かない治療法があるって本当?


小西先生が実践していらっしゃるオーラルフィジオセラピーというのは、片山恒夫先生の片山式歯周病治療(=自然良能賦活療法・しぜんりょうのうぶかつりょうほう)を安保徹(あぼとおる)先生の提唱する免疫論によってさらに発展させたものだそうです。

片山式歯周病治療(=自然良能賦活療法・しぜんりょうのうぶかつりょうほう)の説明にはこう書いてあります。
プラークを徹底的に取り除くとともに、食生活改善により歯周組織をはじめ全身の抵抗力を高めることで、歯周病を改善していこうという治療法です。 この治療法により従来、抜歯しても仕方がないと考えられていた歯も保存することが可能になりました。

片山式歯周病治療 より引用

この説明だけでいいなぁ~と思いました。

それは私が散々、歯医者の言葉を鵜呑みにして、虫歯が出来たら歯を削り、欠けたら詰め物をしてということを繰り返し、その結果としてついにはそんな治療法の最終手段とも言えるインプラントを提案されたからです。

そんな建築資材のように歯を扱うのって何か間違っているんじゃないかなぁと今は思うのです。

そんな気持ちになっていた時に、プラークを徹底的に取り除くとともに、食生活改善により全身の抵抗力を高めることで歯周病を改善しようと提案されているのですから気持ちが動かないわけがありません。



小西先生も昔は歯を抜いて入れ歯やブリッジを入れるのが歯医者の仕事と思っていたようですが、片山先生に中等度から重症度の歯槽膿漏(歯周病)の歯を抜かずに治した豊富な臨床例を見せられ、歯医者の仕事は歯を抜くことではないと考えが変わったようです。

その時の気持ちをこう述懐されています。
1982年、初めて片山先生の症例を目にした私は大きな衝撃を受けました。
 今にも抜け落ちそうな歯、ガタガタのかみ合わせ、プラークまみれの口の中が、片山先生の施術で見事に健康な口を取り戻していたからです。
 そして、健康を取り戻していただけではなく、その治った状態で10年、20年と長持ちしていたのです。今までに見たことも聞いたこともない講演内容でした。そして、その治療を受けた患者さんの笑顔が目に浮かぶような症例報告でした。
 自分の目指している歯科治療はここにあると確信しました。
 こういう歯科医療をやってみたい、心からそう思いました。

抜歯する入れ歯師から、抜かずに治す歯科医師へ より引用



私はこういう志を持った歯医者さんに治療して頂きたいです。



片山式歯周病治療は説明を読むと、確かに大変そう。

何時間もブラッシングするとなると、負担も大きいです。

でも、インプラントをするより絶対にいい!!

それは今の私だからこそできる決断です。インプラントを提案される前だったら良いと思いながらも、大変そうだからいいやと敬遠していたでしょう。


歯科医師によって治療法は変わるのか?


小西歯科医院は東京です。

東京まで行くとなると交通費もかかり大変ですが、インプラントと再生治療で45万円も払うことを考えたら安いものです。

早速、小西歯科医院のホームページから小西先生に問い合わせをしました。



私からした質問は歯槽骨が溶けて空洞になり膿が溜まってグラグラになっている歯は治療可能ですか?という質問です。

翌日、小西先生から返信が届きました。

「根の先の方に空洞ができている根先病変なのか、歯肉に近いところが溶けている歯周病なのか、文章からはわかりかねますが、いずれにしても現在お困りになっている症状がそんなにないなら治療は可能だと思います。

ただ治療は回数がかかります。」と書かれていました。



そして、可能であれば広島から通いたいという質問に対しては、信頼できる広島の歯科医を探してみるので、まずはそちらの先生と相談してみるのがいいでしょうと有り難い提案を頂きました。

東京に来るのはそれからでも遅くないでしょうと。

小西先生が信頼できる歯科医なら安心です。



私がブリッジをすることになったのは噛みしめが激しくて、歯が割れてしまったからです。

そのことにも触れられていて、歯周病にしても破折にしても歯ぎしりは大きな問題なので、まずはこの悪習慣を何とかすることだと思いますと提案されていました。

そして、こちらを見るように言われました。 ⇒ 歯牙接触癖



小西歯科医院のホームページを見ると自然に抜け落ちた歯はそのままにしておくという記述がありましたので、私もブリッジにしている歯のことは聞きませんでした。

というのも、ブリッジにしている歯は自然に抜け落ちたわけではありませんが、もうすでに無いからです。

でも、よく考えたら小西歯科医院のホームページにたどり着いたのは、ブリッジしている歯をインプラントにしようという提案があったからです。



小西先生だったらどのように処置をするのか?聞いてみたいところです。

だから小西先生にもう一度メールを出しました。

「現在、ブリッジにしている場所にインプラント埋入して、ブリッジを支えている歯を再生治療しませんか?と提案されていますが、小西先生だったらどのように処置されるのでしょうか?」



返信があったらまた報告しますね。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル