ホームオーソモレキュラー療法 ≫ 糖質制限中なのに甘いものや炭水化物をやめられないときの対処法

糖質制限中なのに甘いものや炭水化物をやめられないときの対処法


甘いものや炭水化物をやめられないという人は多いですよね。

それぐらい甘いものや炭水化物には中毒性があるということです。

でも、ダイエットや健康のため糖質制限をしている人は、ここをなんとか乗り越えなければいけません。

今日はそのヒントを教えてもらいましたので、あなたにもご紹介します。

甘いものや炭水化物には中毒性がある


糖質は太る元だから、やめなければいけない。わかっちゃいるけど、口にしてみたら美味しいから止められない。これは万人に共通している傾向のようです。

私にもこんなことがありました⇒糖質制限中なのに、炭水化物まみれの食事をしてしまった最悪の日


私の場合は健康やダイエットのために糖質制限を始めたというより、オーソモレキュラー療法(栄養療法)の中に食事療法として糖質制限が入っていたので、糖質を摂らない食生活を始めました。

オーソモレキュラー療法というのは、体内の栄養素を整えることによって精神症状も改善していこうという新しい治療法です。

その柱が足りない栄養素のサプリメント摂取と糖質制限です。



半年間続けてみて、それなりに結果が出ているような気がするので、これからも続けていこうとしていた矢先のこと。

インドカレーが無性に食べたくなって、1ヶ月前にインドカレーを食べに行ったのです。

これが悪かった。



糖質を我慢しているつもりはなかったのですが、インドカレーに添えられているナンを食べたら、ナンを食べたんだからパンも食べていいやになり、パンも食べたんだからお菓子も食べていいやになったのです。

なし崩し的に糖質を口にするようになりました。

自分でなんとか対処しようとしたのですが、どうにも抑えられなかったため、オーソモレキュラー療法(栄養療法)の指導を受けている新宿溝口クリニックに電話をして相談しました。




「最近、糖質制限がうまく出来なくて、糖質を摂ることが多くなったのですが、何か間違っているのでしょうか?」

カウンセラー
「糖質は美味しいですからね~。やめていても一度口にしたら、やめられなくなったという人は多いですよ。」


「そうなんですか?!私が意志が弱いのかと思っていましたよ。」

カウンセラー
「いえいえ、溝口先生も糖質は美味しいから、食べ始めるとなかなかやめられないんだよと言っているぐらいですから、アラビンさんの責任ではありませんよ。」 


私はみんなそうなんだと聞いてから、かなり安心しました。


無理に甘いものや炭水化物をやめようとしない


とはいえ、必要なのは糖質をやめることです。

そこでカウンセラーさんから提案がありました。



カウンセラー
「糖質を食べることは悪いことじゃありません。食べてしまったのなら、美味しかったと喜ぶことです。一番悪いのは食べたことを責めること。これはいけません。

どうせ口にするなら糖質を自分へのご褒美としてあげてみる。そのために体にとって良いスイーツやパンを食べるんです。

糖質制限ドットコムでは、血糖値が上がらないエリスリトールなどを使ったスイーツや、糖質を制限したパンなどを販売しています。これらの商品を購入して、どうしても甘いものやパンが食べたくなったら、食べることにするんです。

これらの商品は価格も高いですから、甘いものやパンが食べたくなっても、もう少し我慢しようかなと抑制も効きます。どうしても食べたくなった時に、よく頑張ったねと自分へのご褒美としてあげる。するとまた糖質制限を頑張ろう!というモチベーションにもなります。

そうやって適宜に糖質制限スイーツや糖質制限パンを食べていると、段々甘いものはもういいかなという時期が必ず来ます。

禁止するのではなく、受け入れて自然にやまる環境を作ることが大切です



なるほど~、妙に納得してしまいました。

やめるためのとっておきのご褒美戦略


今回、カウンセラーさんに色々教えてもらい、甘いものをやめられないのは、自分だけじゃないとわかりましたので、安心したせいでしょうか?

甘いものやパンを食べたいという欲求がなくなりました。

提案頂いた糖質制限ドットコムのスイーツやパンも見てみたのですが、価格が驚くほど高いので、とても手が出そうにありません。

それもあって甘いものやパンを食べたいという欲求が消失したのかもしれません。



でも、これから先、どうしても甘いものやパンが食べたくなれば無理に我慢せず糖質制限ドットコムを利用したいと思います。

価格は高いけど本当に美味しそうです⇒糖質制限ドットコム



何かやめたい習慣があればすぐに思いつくのは、その習慣を禁止してやめようとすることです。

ですが、それはとてもストレスがかかります。

まずはその習慣を受け入れ、やめられる環境を作る。

それが長い目で見れば習慣を変える一番の近道だとわかりました。



あなたも甘いものや炭水化物をやめたいならば、禁止してやめようとするのではなく、いったん甘いものや炭水化物を欲しがる自分を受け入れてみてはいかがでしょうか?

そして、体に悪い糖質が制限されたスイーツやパンを選んで、どうしても食べたい時にだけご褒美として自分にあげる。

そんな風に優しく自分に接していれば、今までどんなに頑張っても止められなかったスイーツやパンが、気付いたらいつの間にかやまっているかもしれません。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル