ホーム日記 ≫ 危険な精神薬はこれだ!精神科医に聞いた危険な精神薬と安全な精神薬の違い

危険な精神薬はこれだ!精神科医に聞いた危険な精神薬と安全な精神薬の違い


今日は3週間ぶりに精神科の診察がありました。

前回の診察の時に処方した薬で、不眠がどれくらい改善されたか?を聞かれました。

実は・・・・・私、処方された薬を服用してなかったのです。

なぜなら友人から「精神薬は痴呆になりやすいから飲まない方がいい」と言われたからです。

実際はどうなのでしょうか?担当の精神科医に聞いてみました。



まずはいつものように診察日以前の体調の変化を伝えました。

相変わらず夜眠れないこと、仕事に行くのがすごくしんどくなったことです。

すると先生が不思議そうな顔をして言いました。



精神科医
「薬は効かない感じですか?」


「よくわからないんです・・・・・というか、あまり服用していないんです。友人から精神薬を服用し続けていると、痴呆になる危険性が増すと言われたものですから」

精神科医
「そうなんですね。確かにベンゾジアゼピン系薬というのは、大量に服用した場合、将来痴呆になる可能性があるという論文が発表されました。ですが、それは大量に服用した場合であって、アラビンさんのように1mgであれば問題はありません」


「そうなんですか?それは知りませんでした」

精神科医
「アラビンさんが服用している薬でベンゾジアゼピン系薬と言えば、リボトリールがそれに該当します。ご心配ならリボトリールはやめましょう。

ジプレキサとロゼレムは脳に影響を及ぼしませんから大丈夫です。ロゼレムはメラトニンを分泌する薬ですし、ジプレキサはアラビンさんの症状に有効だと思いますから続けてみましょう。

夜、眠れなかったから仕事に行くのがしんどくなっていたのかもしれないので、これでちょっと様子を見てみましょう」



というわけで、ベンゾジアゼピン系薬を大量服用すれば痴呆になる可能性があるという論文が発表されたということがわかりましたので、ベンゾジアゼピン系薬のリボトリールの服用をやめました。

私も夜、眠れるように朝日を浴びながら散歩したり工夫をしていました⇒睡眠薬をやめたい、減らしたいならそれは可能!睡眠薬に頼らずにぐっすり眠る方法とは

ですが、まだその効果が現れていないので、精神薬(睡眠薬を含む)を服用したいなぁと思ったいたところだったのです。

これで夜、眠れるようになって、仕事に行くのがしんどいという思いが変化すれば良いのですが・・・・・・

少し様子見ですね。



精神薬で痴呆になる可能性を恐れている方は、ベンゾジアゼピン系薬を服用していないか?確認してみてくださいね。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント

こんばんわ!

徐々に、アラビンさんの記事を読ませて頂いてます(順不同ですが)
金も、余り良くない睡眠で夜中に数回(最低3回)目覚めてトイレや水分補給で
起きます
導入剤を飲んだ時には、グスッ!と行ける気がしますが睡眠中に目覚める事は有ります(但し、回数は減る気はします)
「マイスリー」という比較的安全(だと思いますが)な導入剤の様ですが
何故か服用した時には頭痛が酷いので余程寝られない時以外は服用せん様にしています
ですが、他に精神安定剤として「コンスタンチン」「デパス」を日に2回服用しています
此の2種の安定剤はもう、長く服用してますが
「デパス」は、ソロソロ考えた方が良い頃かも…とかとも思いますが
ドクター(掛かり付け医院)が処方するので、其の侭服用しておりました

お薬って難しいですね。

金 | 2016.11.15 17:48 | URL


Re: タイトルなし

金さん、こんばんは!

ちょっと調べたら、デパスもコンスタンもマイスリーも依存性の高い薬のようですね。
でも、金さんは余程寝られない時以外は、服用されていないようなので
飲まなければ安心できないという依存は生じていないと思います。

それなら飲み続けてもいいのではないでしょうか?

あと別記事にも書きましたけど、朝日を浴びながら散歩をすると
セロトニンが分泌されよく眠れるようになるようですよ。

よかったら試してみてください。

アラビン | 2016.11.15 19:56 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル