ホームスポンサー広告 ≫ NHKスペシャルにも登場!自閉症で会話ができない東田直樹さんが、 のびのびと生きることができている理由ホーム日記 ≫ NHKスペシャルにも登場!自閉症で会話ができない東田直樹さんが、 のびのびと生きることができている理由

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります

NHKスペシャルにも登場!自閉症で会話ができない東田直樹さんが、 のびのびと生きることができている理由


12月11日(日)午後9時00分~9時49分に放映されるNHKスペシャルに出演予定の東田直樹さんに注目しています。

なぜかというと、ブログでこんな言葉を見たからです。



他の人が、何を考えているのかわからないはずなのに、こう考えているに違いないと

恐れたり、悩んだりするのは、自分にとってあまりいいことではないと思います。

それでも、つい悩んでしまうのが人間で、そうなれば普段の生活までも、塞ぎ込みがちになってしまいます。

僕は、誰かが何を考えているかで深く悩むことはなくなりました。

それは、自分の人生の主人公は僕だけど、他の人の人生にとっては、僕は脇役のひとりにしか過ぎないとわかったからです。

僕の人生の脚本が、ハッピーエンドで終わるよう、これからも僕は努力をしなければなりません。

他の人にも、もちろん幸せになってもらいたいですが、その人の脚本を書くのは僕ではありません。

僕が、どのような役柄かも、その人が決めることなのです。

自閉症の僕が跳びはねる理由 「他の人が何を考えているか」 より引用


いかがですか?何か人に依存していない自立した心を感じませんか?

言い方を変えれば、人が私のことをどのように評価してもいいよ~!と言っているのですから、これほど自由なことはありません。



普通はそうは思いませんよね。

他の人に望ましくない評価をされたら、自分の評価が下がったと思い、慌てて相手の自分への評価を修復しようとします。

あなたが思っているような人間じゃないと説明したり、実際に行動を起こさなかったとしても、いつまでもクヨクヨと思い悩んだりするものです。



それは東田直樹さんの言葉を借りれば、「他の人の人生において、私がどのような役柄かも私が決めようとしている」ということです。

なぜそんなに私たちは、人の人生の脚本まで自分の思い通りにしなければ不安なのでしょう?

なぜ東田直樹さんは、私のことをどんな風に思ってくれてもいいよ~!と思えるようになったのでしょうか?



それはわかりませんが、東田直樹さんのような生き方に憧れてそのようになりたいのであれば、そうなるための一番の近道は彼に常に触れていることだと思います。



彼の著作、彼のブログ、彼の出演番組。

彼が発信している情報は沢山あります。

今度、12月11日午後9時より彼の出演する番組があります⇒NHKスペシャル「自閉症の君がおしえてくれたこと」



私と同じように人にどう思われているか?という思いで汲々としているあなた。

そんな思いから自由になれるきっかけがあるかもしれません。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。