ホーム日記 ≫ 弟に「お前も障害者手帳を貰わないか?」と進言したら断られた件

弟に「お前も障害者手帳を貰わないか?」と進言したら断られた件


私の弟は現在無職です。無職になってかれこれ1年近くになります。

先日、障害者就労支援センターの人に弟の話をした時、こう言われました。

「1年近くも社会と関わりがないということは、生きづらさを感じているんだと思うから、一度、精神科で診察を受けてみてはどうだろうか?もし発達障害と診断されて、障害者手帳を取得できたら、障害者就労支援センターでもサポートできるから」


障害者就労支援センターの人によると、今、弟のようにどこも悪くないのに、社会との関わりを避け、自宅に引きこもっている中高年が多いそうです。

そういう人が精神科の診断を受けると、発達障害と診断されることが多いとか。

それで、障害者就労支援センターの方は、そういう方々に精神科の受診を勧めているらしいのです。



昨夜、弟にそのことを言ってみました。

「これだけ長期間、社会と関わりを断っているのは、発達障害の疑いがあると障害者就労支援センターの人に言われたから、お前も一度精神科の診察を受けてみないか?もし、発達障害と認定されたら、障害者手帳を持つことが出来て、障害者求人で仕事に就くことができるよ」



そしたら、弟に露骨にイヤな顔をされて、「もう働くから、その話はいいです」と断られました。

働く、働くと言って1年にもなるのに、本当に働くんだろうか?

1ヶ月くらい前に派遣の仕事に登録はしたけれど、47歳という年齢からかお呼びがかからず、未だに無職です。



発達障害と診断されて障害者手帳を取得できれば、47歳であろうと障害者求人があります。

気遣ってもらえて楽に働くことができるから、弟にとっても良いと思うのですが、障害者というレッテルが受け入れられないみたいです。



本人が働くと言っているのだから、とりあえずは様子見です。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル