ホーム和田重正先生とのやり取り ≫ 一心寮の和田重正先生との日記のやり取りを公開します

一心寮の和田重正先生との日記のやり取りを公開します


私は10代の頃、和田重正先生が主宰する「一心寮」という、若者が一緒に自給自足の生活をしながら、生き方を学んでいく共同生活舎にいたことがあります。

一心寮というのは主宰の和田先生が気付いた「いのちの世界」を若者に自覚してもらう為に、自然豊富な足柄上郡の山奥に作られた共同施設です。



「いのちの世界」とは和田先生独特の言い方ですが、スピリチュアル的に言えば万物はすべて繋がっているというワンネスに目覚めた世界ということです。

ですから、生活塾とは銘打たれていましたが、和田先生のなさっていることは目覚め塾でした。

その目覚めを伝えるには、自然豊かなところで「生活の中でやった方がいいなということに気が付いたら、手を出して実行する」という生活をするのが一番近道との見識から、山奥で家や田畑を借りて若者と生活を始めたのです。



気が付いたら手を出して実行すると言っても、山奥での自給自足の生活ですから、気が付いてやるべきことは数限りなくあります。

そんな生活の中で気付いたことや和田先生に対する質問を寮生が日記に書いたら、和田先生が答えてくれるという形の交換日記をしていました。



今回、改めてこの交換日記を振り返ると、他の方のお役に立ちそうな内容も沢山あったので、次回から公開することにします。

楽しみにしていてください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル