ホームアフィリエイト ≫ 読者目線のブログ記事を書くコツとは

読者目線のブログ記事を書くコツとは


昨日の記事、『ブログのカテゴリ分けもあるがままに』はお読み下さいましたか?

まだご覧になっていない方は、今日の記事が生きてきますので、まずは一度ご覧ください。
     ↓↓↓↓↓↓
『ブログのカテゴリ分けもあるがままに』

この記事は内容的には、割とよく書けたと思っていたんです。

書く前から書きたい内容は大筋で決まっていました。

でも、記事タイトルと文章中の小見出しは、イマイチ良いタイトルが思いつかなかったので、先に記事を書いて、後で記事タイトルと小見出しをひねくりだしたんです。


後でお話ししますが、この作業順序が大きな間違いでした!!

早速、月子さんに記事を見て頂き、アドバイスを頂きました。

書いた記事をすぐに月子さんに見てもらえて、すぐにアドバイスをもらえるのが、わくわくブログワーク90日プログラムの良いところです!!

月子さんのアドバイスは、記事を書くことに悩んでいる人には、大きなヒントになると思いますよ~♪♪ (^O^)b

記事タイトルと小見出しで記事内容がイメージできなければブログ読者に記事は読んでもらえない



月子さんからは、内容については読者の興味を引くようになっていると言われましたが、いくつか改善点を指摘されました。

指摘された改善点は、記事タイトルと小見出しです。

具体的には

書いているご本人にとっては
「わかっている」ことでも、
初見のブログ読者には
伝わりにくくなっています。

理想は、
記事タイトルから小見出しだけを
拾い読みしても、ある程度の概略が掴めるようになっていること。
さらに、興味を引くフレーズが盛り込まれているとなお可です。


と指摘されました。


具体的に記事タイトルと小見出しを見てみましょう。

まずは記事タイトル 『ブログのカテゴリ分けもあるがままに』

これはどうでしょう?

初見のブログ読者が見て、一発で記事内容がイメージできるタイトルでしょうか?

・・・・・全然、わかりませんよね・・・・(^_^;)

ましてや、このブログは

「自分の興味や関心のある分野の中で
(自分に似た)他人にも役に立ちそうなことを見つけて
それを伝えようという姿勢で書く」


というブログです。

私と似た人は、間違いなく人間関係に苦しんでいて、ブログアフィリエイトでお金を得られたら、雇われて働きたいと思ってない人です。

そんな人は、そんな抽象的で何の役に立つのかわからない記事タイトルじゃ目もくれません。


そして、一つ目の小見出し 『これまでの経緯』

これも抽象的で、どんな結果に至るまでかがはっきりしません。


そして、二つ目の小見出し 『カテゴリに沿った記事が書けない・・・』

月子さんからは、つぶやきになっていますと言われましたが、その通りです(^_^;)


記事タイトルと小見出しを決めてから記事を書き始めよう



どうしてこんな抽象的な記事タイトルと小見出しになってしまったのでしょうか?

実は、最初に書いたように、記事タイトルや小見出しを決めずに、記事を書きはじめ、最後に記事タイトルと小見出しを決めたのです。

ですから、記事を読んで頂くと、こういう内容だから、この記事タイトルや小見出しになっているのねと理解してもらえるかもしれません。

でも、初めてブログ記事を見た人が関心のない記事タイトルや小見出しを見て、記事を読むはずがありません。


では、どうすれば良かったのでしょうか?


わくわくブログワーク通信の中で月子さんは、『まずはざっくりと記事タイトルを決めてから記事を書き始めてください』と言われています。

キーワードが具体的であればあるほど、検索している人が目にする可能性が高くなるからです。

ライティング的にも、記事タイトルをざっくりと決めて記事を書き始めると、横道にそれないそうです。

さらに小見出しも決めておくと、さらにしっかりと方向性が決まります。

そうして方向性が決まったのちに、細部の記事を読者にわかりやすい表現で埋めていく。

すると構成が明確になり、ライティングの時間短縮にもなるそうです。


今回、月子さんからアドバイスを頂き、改めてわくわくブログワーク通信を読み返してみました。

その時は、なんとなく他人事のように読んでいましたが、自分のこととして読み返すと・・・・・

『なーーーんだ、ちゃんと書いてあるじゃん!!』

自分が体験しないと、腑に落ちないものですね。


というわけで、今回の記事は

【記事タイトル】
読者目線のブログ記事を書くコツとは
     
から始まり

【小見出し】
記事タイトルと小見出しで記事内容がイメージできなければブログ読者に記事は読んでもらえない
      ↓
記事タイトルと小見出しを決めてから記事を書き始めよう

という流れを決めた後、細かい表現を文章にしてみました。


いかがでしたでしょうか?

読まれる記事を書くために、あなたも

『記事タイトルを決めてから書き始める』

これを意識して記事を書いてみてくださいね。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル