ホーム冷え性 ≫ 冷え性の方は注意!スーパーのレジ打ちは身体が冷える

冷え性の方は注意!スーパーのレジ打ちは身体が冷える


今日でスーパーのレジ打ち2日目です。2日目にしての率直な感想は、スーパーのレジ打ちは冷える。この一言に尽きます。

元々、冷え性気味なんですけど、こんなに寒さを感じるとは思いませんでした。

ネットで検索しても、スーパーのレジ打ちは冷えるという書き込みが多かったです。冷蔵食品が多いからでしょうか?冷え性対策として、服をたくさん着込む、使い捨てカイロを使う、レッグウォーマーを履くなどの対策を施している方も多いですね。

身体も冷えるのですが、一番冷えるのが露出している手です。これは指先が出ている手袋でもつけてレジ業務をした方がいいかもしれないです。

そもそも身体って、どうして冷えるのでしょうか?
ネットで検索していて直感的にピンときた記事がありましたので、ご紹介します。

手足が冷える原因として、以下の3つが挙げられています。

1.いつも靴下や硬い靴を履いていると、足の筋肉が自由に動けなくなり、その結果、血流が悪くなり、毛細血管が次第に消滅してしまう。

2.冷えるからといって外側から温めてばかりだと、毛細血管が刺激されず、次第に消滅してしまう。

3.食べ物を消化する時は、胃腸に血液が集まるので、1日3食食べていると、つねにお腹の中に食べ物がある状態になり、手足に血液が循環しなくなる。

Zigen 氷のように冷たい「足先」冷え性|3つの意外な原因と改善策 より引用 


その結果として、手足の末端から冷えを感じるようになるようです。


私は思い当たる節がすごくあります。

人に嫌われている気がして怖いと感じるようになってから、あまり外に出なくなりました。当然、歩くことも滅多にしなくなりましたから、足の筋肉はすごく衰退していると思います。

寒いと感じた時は、ストーブの前や炬燵の中にいつまでも入っています。

何より一番心当たりがあるのは食べ過ぎです。ストレスがあると、それを忘れるかのように、いくらでも食べてしまう時がありました。過食ですね。

人の身体は午前4時から12時までは排泄の時間、昼12時から20時までは吸収の時間、20時から午前4時までは消化の時間というサイクルになっているようですから、出来ればそのサイクルに合わせて食事をしたいものです。


というわけで、日光浴してビタミンDを生成する意味でも、足の筋肉を動かす意味でも、散歩と身体のサイクルに合わせた小食を心掛けたいと思います。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル