ホームアフィリエイト ≫ アフィリエイトで成果をあげるための「先生」の選び方

アフィリエイトで成果をあげるための「先生」の選び方


私は今、元書籍編集者で現在SOHOライターとして活躍されている月子さんのライティングプログラムを受けています。

どうして受講する気になったかというと、一つは文章をもっと上手く書きたかったから。

もう一つは、アフィリエイトのブログ記事を書くのが苦痛だったからです。



ところが、受講し始めると想像もしなかったことが起りました。

ブログ記事を書くのが楽しくなってしまったのです。



あんなに記事更新が苦しかったのが不思議なくらいです。

何が起きたのでしょうか?



文章を書くのが苦手、もっと上手く文章を書きたい、そんな願いを月子さんがサポートしてくれます!
    ↓↓↓↓↓
文章添削&ブログ診断講座

教え上手は、好奇心の引出し上手


読者目線で表現するというのは、アフィリエイトのライティングではよく聞く話です。

ですが、実際にその読者目線で表現したライティング記事と、書き手目線で表現した記事の違いを比較対象させて見せてくれた人はいませんでした。

どう書けば読者目線なのか、さっぱりわからなかったのです。



わからないままで記事を書く。

出来ているのかどうかの判断もつかない。

アクセスもあまりない。

収益も上がらない。



そもそもお金が欲しくて始めたアフィリエイトです。

収益は上がらない、やってることの是非もつかないでは、誰でもイヤになります。



その点、月子さんの指導は具体的です。

私が書いた記事について、「こういう表現だと読者目線ではないですね」と添削して返してくれます。

その表現のスムーズで洗練されていること。

とても読みやすいです。

読者目線ってこういうことか・・・・と腑に落ちました。



不思議なもので、わかるようになると、あんなに苦痛だった記事書きが楽しくなってくるんです。

芸術作品を仕上げているような感覚に似ているかもしれません。

もっと良いものを作りたいという好奇心に終わりがありません。



わかるようになるから、もっと良いものを作りたいという好奇心が掻き立てられる。

良き指導者は、好奇心を引き出すのがウマいです。


楽しいことは簡単に継続できる~好奇心と継続力の密接な関係


では、記事書きが楽しくなかった頃はどうだったでしょう?

あの頃は、1行でも2行でも、簡単に済むものなら、どこまでも簡単に済ませたかった。

記事書きに労力と時間を使いたくなかったんです。



だから、簡単を書かなくて済むような自動ツールを探していました。

それなら、私が考えて記事を書かなくていいから(^_^;)




要するに・・・・




記事を書きたくなかったんです。

お金が手に入りさえすればよかった。(^_^;)



だから、パソコンを開くのが気が重かった。。

今日もブログ記事を書かなくちゃいけないのか・・・・・・



まるで苦役のようでした。



ところが、今は良い記事を書きたいという気持ちが一番です。

1記事書くのに結構時間をかけているのですが、そんなに苦痛ではありません。

気持ちがのってくれば、何時間でも書き続けることができます。



書くのが遅いので、毎日、更新することはできませんが

毎日、何らかの形でブログに関わっています。



あんなにパソコンを開くのが苦痛だった私の何が変わったのでしょう?

私は目的意識が明確になったから、やる気が継続しているのでしょうか?



いいえ、違います。



楽しいからです。

いい記事を書きたい。

その好奇心が私を動かしています。




○○しなくちゃいけないという義務感より、○○したいという好奇心があれば、継続することは簡単です。


生徒から自立した人へ~良き指導者が望んでいるもの


私は記事を書くたびに、月子さんにアドバイスを求めていました。

どんな風に変わるのだろう?とワクワクしていたのです。

私は、いつしか自分で考えることなく、条件反射のように質問していました。



90日プログラムが始まってから2ヶ月ぐらいして、月子さんから初の課題が届きました。

フレームワークといって、その型に従って、記事タイトル、中見出しを決めてから、記事を書き始めるといい記事が書けるというものです。

それを使って1記事提出という課題でした。



その課題の説明には、このフレームワークは1記事書いて終わりではありません。

これからもこのフレームワークを利用して、記事書きのセンスを磨いて下さいと書いてありました。



うーーーーん・・・・

別に質問してはいけませんとは書いてありませんよ。



でも、すっかり月子さんのアドバイスに魅了されていた私は、これからもフレームワークを使って記事を書いて下さいという言葉が
もう質問しないでねと読み取れてしまったのです。



軽くショックを受けた私は、月子さんにメール確認してみました。

「もう質問してはいけないのですか?」と。



すると、月子さんは返事をくれました。

「質問はOKですが、条件反射のように確認するのではなく
 自分で判断力をつける意識を持つことも心がけるとよいかと思います。

 いずれは自分で判断して結論を導き出す必要があるのですから。
 そこをゴールとして設定すれば、どう行動すればよいか見えてきますよね」と。



私はハタと気づきました。

月子さんのアドバイスが心地いいから、気付かない間に依存してしまっていたなぁ~と。



人は、自分が目指しているものを、あまりに華麗に出来る人を目の前にすると、自分で考えるよりも、その人に聞いてみようと依存しがちです。

指導者の中には、そのように多くの生徒から依存されて、指導者としての自分に満足してしまう方もいらっしゃいます。

それもまた、人が簡単に陥りがちな性質です。

月子さんは、依存していた私の背中をそっと押してくれ、その性質から解き放ってくれました。



『真の先生とは、たくさんの生徒を持つ人のことではなく、たくさんの先生を作り出せる人のことだ』という言葉があります。

私にとっての月子さんは、そういう先生であり、少し・・・・・・いえ、かなり先を行く同士です。



私にとっては、月子さんのプログラムが適していましたが、人によって適しているものは違います。

人によっては厳しく指導される方が楽しく充実している人もいるでしょう。

ですから、ポイントはあなたが楽しく感じるか、どうかです。

誰かの情報や、受講生がどれくらい収入を取れたかという成果ではなく、あなたの感覚に従って選択して下さい。



私と同じように完全壁的傾向があれば、月子さんのプログラムは向いていると思います。



ブログで表現することが苦手なあなたの背中を、月子さんがそっと押して羽ばたかせてくれます
  ↓↓↓↓
文章添削&ブログ診断講座

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル