ホーム自分を受け入れるために ≫ ありのままの自分を受け入れるとは~自分らしい幸せの見つけ方

ありのままの自分を受け入れるとは~自分らしい幸せの見つけ方


「ありのままの自分でいたい」

それは誰もが思うことです。

ところが、人を気遣ったり、人の目を気にして、つい装って、繕った自分を演じてしまい疲れてしまう。

どうしてそうなってしまうのでしょうか?

「ありのままの自分でいる」って、どんな状態?


例えば、人から何かを指摘されると、すぐにカーッとなって、相手に怒ってしまう人がいたとします。

相手から「そんなに怒らなくてもいいじゃない」と言われました。



すると、この人は言います。

「オレは人から自分のことを指摘されると、腹が立って怒ってしまうんだ。

 これがありのままの自分だから、仕方ないんだ!!これ以上、文句言うな!!」



さて、この人は「ありのままの自分でいる」のでしょうか?

あなたはどう思いますか?




確かに、「自分のことを指摘されると怒る」というありのままの自分は自覚していらっしゃいます。

でも、そんな自分の至らなさを、「そういうところあるんだよなぁ」とありのままに認めているか?と問われれば・・・・・



ちょっと疑問ですよね。



この人の場合は、自分でも「自分のことを指摘されたら怒る自分」じゃあダメだと思ってるように感じませんか?

自分のことを指摘されても怒らない自分にならなくちゃいけないという強い理想像があるように感じます。

そうなれないのは仕方ないんだ!オレのせいじゃないんだ!と、自分に言い訳しているようにも聞こえますよね。




本当に自分の至らなさも、事実として認めていれば、その事実を人から指摘されても、こう言えるはずです。

「そうなんですよ。自分ってそういうところがあるんですよね。以後、気を付けます。本当に申し訳ありません」と。



「ありのままの自分でいる」とは、良いところも悪いところも、そのまま事実として認めている状態です。


ありのままの自分を受け入れていますか?


私も経験があります。

とてもわかりやすい話をお話ししましょう。



実は私、頭を剃っているんです。

スキンヘッドというやつです。



そもそも、この髪型?は、やりたくてしたわけじゃありません。

髪が薄くなってきて、薄くなった所を髪の毛で隠しきれなくなってきたので、仕方なく剃ったんです。

その頃はまだ、髪の毛が生えるなら元のように生やしたいという理想がありました。



ですから、人から「どうしてスキンヘッドなの?」と聞かれるだけで不快でした。

頭のことに触れるなーーーーー!!という感じでした。



ねっ?さっきの人と一緒でしょう?



でも、今やこのスキンヘッドは、私のトレードマークです。

髪を生やしたいという理想もなくなりました。

生えるなら生えてもいいけど、スキンヘッドもいいし、どっちでもいいやという感じなのです。



すると、「どうしてスキンヘッドなの?」と聞かれても、「髪の毛が薄くなったから剃ったんです」と平気で答えられるようになりました。



ありのままの自分を受け入れたんですね。

そうなれたら、楽ですよ~。

隠さなくていいんですから。

隠さない、オープンにするというのは、うつ病を改善する上でもとても大切です⇒あさイチ『夫のうつ』より 真実を告げること・オープンになることの大切さ



ですから、自分を受け入れているかどうかの目安は、人に触れられたくないところがあるかどうかとも言えますね。


まずは今の自分を知ることから始めましょう


ここで勘違いしやすいのは、人に触れられたくない所がない自分にならなくちゃいけない!と思ってしまうことです。

新たな理想像を作りだしてしまうんですね。



すると、自分の中に、人に触れられたくない所があると感じた瞬間に、前述の人のように怒ってしまうことになります。

人にではなく、自分に。

ああ、まだ自分はこんなところがある!!ダメだ、ダメだ!!と。



良いんです!!

まだ触れられたくない所があっても。



それが、今のあなたのありのままなのですから。



私もありますよ。

こうしてブログでは精神障害のことを明かしていますけど、対面で人に平気で話せるかと聞かれれば・・・・・・

まだかなり抵抗がありますね。



それも、私のありのままだから、このままで良いんです。

いつかスキンヘッドのように、平気で話せる時も来ますよ。



だから、今、お悩みのあなたも、まずは自分を知ることから始めてみてください。

人から触れられても平気なこと。

人から触れられたらイヤなこと。

書き出してみると、面白いかもしれませんね。



ゲームのように気楽にやってみてください。

しなければいけない!と思いつめないことが大切です。



自分を知ることができれば、自分の軸ができます。

どんなことに興味があって、どんなことがイヤで、どんな時にどんな反応をするとか。

そんな自分を知れば知るほど、人の目を気にせず、自分らしく生活することが容易になってきます。

「ありのままの自分を受け入れる」ために、ぜひ自分を知ることから始めてみてください。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル