早速、障害者就労支援センターから電話がありました


昨日、ハローワークにてゆめタウンの掃除の仕事を紹介頂きました。

その際、「障害者就労支援センターの方が店長さんと知り合いなので、紹介頂けるよう連絡してみましょう」と言って頂けたのですが、
今日、早速障害者就労支援センターから電話がありました。

「ゆめタウンの掃除は、人が多いし、あまりアラジンさんに向いていないと思うけど、行くだけ行ってみる?」

そう言われると決心が鈍ります。ですが、行ってみないとわからないところもあるので「一応、行ってみますから、ご紹介ください」とお願いしました。

普通の求人だとこんな風に二人三脚で仕事を探すっていう感じじゃないですよね。

どうなるかわかりませんが、本当に障害者求人に縁があって良かったと思います。

障害者求人に縁があるまでは、すべて自己責任と思って、過剰に自分でやらなくちゃと気負っていた気がします。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

悩んでいる人はみんな障害者求人に行った方がいいんじゃないか?


今日は失業給付金の仮申請のため、ハローワークに行ってきました。

仮申請なんて出来るのを知りませんでしたが、ハローワークの担当者の方がわざわざ電話で教えてくれました。

それでね、いつもハローワークの障害者求人受付に行って思うんだけど、対応がすごく優しいし丁寧だし親切。

ハローワークってこんなに対応が良かったっけ?って思うぐらい良い!!

ゆめタウンで掃除の求人があったんだけど、聞いてみたら障害者就労支援センターの方が知ってるかもしれないから、連絡を取ってみますねって段取りしてくれるし、本当に有り難い。

自分は病気じゃない!!って思って普通の求人を探していた頃の辛さやしんどさを思うと、今はまるで楽園だ。

色んな人が助けてくれるなぁ~と思う。

病気と認めることに抵抗がある人も一度、自分を障害者と認めてハローワークの障害者求人受付に行ってみるといい。

あまりの違いに驚かれるだろう。


Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事

どんな自分になりたいか?


どういう自分になりたいかがハッキリしていなければ、そうなれないということから、どんな自分になりたいか?とセラピストと話し合いました。

最後には 「お金があっても無くても平安でいられる自分になりたい」 という所に落ち着きました。

また 「人に嫌われても好かれてもほぉ、そうかと平然としていられる自分になりたい」 という望みも出てきました。

Ads by Google


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ←あなたの応援クリックが励みになります
関連記事
Copyright © 『ありのままの自分』の探し方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル